木木木

Swift / Ruby on Railsなどの学習メモ。


要らないファイルを削除してMac Book Airの容量を空ける

自分はMac Book Airを使っているのですが、
SSDの容量が120GBなため、 しょっちゅう容量がいっぱいになりそうになって、
システムに怒られています。

今回は大掃除をしてみたので、その過程を共有してみます。

過程は大きく分けて2つ。

1. 要らないファイルを削除する
2. アプリケーションを使って最適化する

です。

1. 要らないファイルを削除する

一応バックアップを取っておいた方がいいかも知れません。

ご自分でサーバを持っているならそこにアップしておくのもいいですが、
いつか契約を解除した時にファイルの移行がめんどうなので、
無料のストレージサービスを使うのも有りです。

Nドライブが30GB無料なので、自分はこれを使いました。

f:id:device_me:20130408154540p:plain

Nドライブ

Adobe製品のキャッシュファイル削除

以下の場所にある「Media Cache Files」、「Media Cache」、「メディアキャッシュ」フォルダー内のファイルを削除

Mac OS X : Macintosh HD/Users/<ユーザー名>/Library/Application Support/Adobe/Common/


Windows 7 : C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Common\


Windows Vista : C:\users\<ユーザー名>\Appdata\Roaming\Adobe\Common\


Windows XP : C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data\Adobe\Common\

iOSアプリを削除

以下の場所にある.appファイルを削除。

ユーザのホームディレクトリ\ミュージック\iTunes\iTunes Media\Mobile Applications\

iOSのバックアップを削除

ユーザのホームディレクトリ\ライブラリ\Application Support\MobileSync\Backup\

2. アプリケーションを使って最適化する

Magicanというアプリは素晴らしく、ボタン一発でファイルを最適化してくれます。

詳しくはこの辺にのってます。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin