木木木

Swift / Ruby on Railsなどの学習メモ。


高城剛の「黒本」(280円) がすごく面白い

以前から気になっていた高城剛さんの著書「黒本」を読んでみました。
想像をはるかに超える面白さでした。
私、どうやら高城さんという人を誤解していました。




高城剛といえば一般的なイメージは、 沢尻エリカと結婚して 一方的に離婚させられた
ハイパーメディアクリエイター」を名乗る怪しい人
だと思います。
(少なくとも僕はそう思ってました。笑)



が、本を読んでみると10ページほど読んだだけで、
非常に聡明な方であるというのが伝わってきます。

世界情勢、経済情勢、テクノロジーへの理解など、知性がある上で、
あらゆることを楽しもうとする姿勢や好奇心があり、
成功者と呼ばれる人や素晴らしいリーダーがみな持っている資質のある方だなと思います。

  • 現状に常に疑問を持ち、変化し続けたいと思っている人
  • 日本はこのままじゃダメだと思うが、どうすべきかわからない人
  • 自分はこのままじゃダメだと思うが、どうすべきかわからない人
  • テクノロジー大好きな人

は、きっと読んでみると新しい発見があると思われます。

本の中で、確かにそうだ、面白いなと思ったインサイトは、

今の日本の社会が『楽しむことはあまりよくないこと』と、どこかで決めつけています。

楽しまずに、言われたとおりやって、自分の発言をせずに、社会に迎合しなさい、と言われた結果が現在の日本で、シャープ、ソニーパナソニックの年間赤字合計1兆7000億円です。
これでも、日本はまだシステムを変えようとしません。

ということでした。
日本人は最近こういう文化に疑問を感じ、変わろうとしている空気感があると思います。
これはここ数日よくFacebookでシェアされている、
リクルートのCM「すべての人生が、すばらしい。」に賞賛のコメントが集まるのも
そういった空気感が反映されていると思います。

「広告は時代を映す鏡である」とはよく言ったものですね。

また、

「常識はどんどんぶっ壊すが、良識は壊さない」

という高城さんのスタイルにも共感です。
サクッと読めて生きる気力が湧いてくる(しかも安い)、
良書だと思いました。
時間のある時に(時間の無い時でも)おすすめです。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin