木木木

Swift / Ruby on Railsなどの学習メモ。


Non-WEBデザイナーのデザインをコーディングする際は工数が3倍かかる理由

何らかの理由によりWEBデザイナーではないデザイナーさん(グラフィック、プロダクト、エディトリアルとか) の作ったデザインをコーディングする、という仕事がごくたまにあります。
僕の場合は3年に一回くらい。

「わかりましたー」と適当に受けていると、後から大変なことになる、という経験を何度かして、
いつも「もうNon-WEBデザイナーさんの仕事は受けない。受けるとしたら工数を2倍で見積もった上で受けるべき!!」と固く誓うのですが、どういうわけかいつも忘れてしまっており、笑
あとから地獄を見ることになります。

今日はなぜ、Non-WEBデザイナーさんのデザインをコーディングする際は工数が3倍かかるのかをメモしたいと思います。

まず、その前にNon-WEBデザイナーさんにデザインを起こしてもらう際に伝えるべきことは以下です。

  • デザインファイルはカラーモードをRGB、単位をピクセルにしてください
  • Photoshopの場合はRetina対応で2倍(もしくは3倍)サイズでデザインを作成してください
  • バイスサイズ (スマホ / PC) と、レスポンシブデザインとは何か
  • 文字詰めはできません

何も言わなければ単位はミリメートル、カラーモードはCMYKで作成されて上がってきます。
普段彼らはそうされているので当然のことです。
ちゃんと伝えないこちらが悪い。

次。

Non-WEBデザイナーさんにありがちなこと

レスポンシブデザインが考慮できない

画面サイズが変わった時にここどうなるの?という部分が考えられていないデザインが上がってくるため、こちらでよい対処を考えて提案してあげる必要があります。
事前にレスポンシブデザインとは何かを説明したとしても、最初から完璧に考慮されたデザインをあげられることは稀だと思います。
ある程度はこちらでフォローする必要があります。

コーディングが終わった後に大幅な修正を求めてくる

自分が起こしたデザインが、WEBサイトになった時にどうなるか(見え方、使いやすさ、触りごこちなど)がイメージできていないため、コーディングが完了したあとに色々変更したくなる。
特に、固定ヘッダー、固定フッターとか。
また、レスポンシブデザインについても、現物を見るまで想像がついていない場合がほとんどなので、コーディング後に変更したいと思う場合が多いようです。

イラレ上で文字の大きさをフォントサイズでなく文字の拡大、縮小率で指定している

これ地味にきついです。こちらでフォントサイズを計算して算出しないといけなくなるので、事前に言っておくのが吉です。

難易度が高かったり、工数がかかるデザインの変更をカジュアルに求めてくる

デザインを変更するとコーディングにどのような作業が発生するかが全く想像がつかないため、カジュアルにデザインをポンポン変更する。

ドメインの設定、メールの設定なども言わなくても全部見積に含まれているものだと思っている

この辺も事前に確認しておくのが吉です。

「今さら言うな!!」と思うことはしばしばですが、知らないものは知らないのです。
知らずにやっている人々に対して「追加料金です」とはなかなか言い出せず、なし崩し的に対応してしまうことがほとんどです。(あくまで私の場合は)

こういった修正へ対応することや、こういったことを事前に防ぐために綿密な打ち合わせと、デザイナーさんへの様々なフォローで想像以上にものすごく時間を使います。自分の実感値としては2倍でも足りないくらい。

サービスし過ぎるとこちらのモチベーションも下がってくるので、ミスが起こりやすくなり
お互いが不幸になってしまいます。

Non-WEBデザイナーさんとのWEBのお仕事はある程度気を引き締めて臨むようにしたいと思います。

また、WEB以外のデザイナーさんも、もしこちらの記事を見ていらっしゃいましたら、
ぜひエンジニアに歩み寄りをしていただけると双方にとってとても幸せな結果になると思います。
よろしくお願いいたします。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin