読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

木木木

Swift / Ruby on Railsなどの学習メモ。


ノマド的な働き方を半年間続けてみての感想まとめ

在宅ワークとノマドを一年以上続けてみた感想まとめというエントリーが、
「自分はノマド的な働き方があんまり合わなかった!」という内容だったので、
「自分はすごく合ったよ!」と思っている自分も、
ここ半年間ノマド的な働き方をしてみた感想を書いてみます。

現在の私の状況

  • 昨年9月に会社を辞めて、現在フリーのエンジニア兼デザイナー。
  • オフィスは借りていない。都内在住。
  • 周りにもフリーの友人、仕事仲間が多く、彼らとの仕事が多い。
  • 仕事の内訳は、受託仕事半分。自分でやってるアプリやWEBサービス開発/運営が半分。
  • 2日に一度は打ち合わせなどがなくてもカフェなどで作業する。

半年以上ノマド的な働き方をしていますが、
本当に快適で、自分に合ってるなぁと感じます。

何故会社を辞めてフリーになったか

日本の大企業特有の、

  • 必ず毎朝9時に出社せねばならない
  • 自分の仕事が終わっていても若手は先に帰り辛い
  • 会社に残って残業しているほど讃えられる

みたいなルールや風潮が苦痛で、体質が自分に合わないなぁと思って辞めた次第です。
本来は短時間で多くの価値を生み出すかが重要なはずなのに、
こうなってしまうのは日本人の「和を重んじる精神」が
良くない方向に発揮されちゃってるのかなぁと思います。

また、高度経済成長期以降の、
「大きな会社に入って、どんな理不尽なことがあろうと、会社でうまく人間付き合いをしていけば毎年給料が上がり、一生安泰だ」
という時代の当たり前が、
「大きな会社に入っても、給料が上がるとは限らないし、会社は10年後倒産しているかもしれない」
という現代に、消えずにはびこってしまっている結果だろうと。

会社の飲み会に参加しないゆとりが2chでよく叩かれてますが、
まぁしょうがないんじゃないかな、と思ってしまいます。
これが現代の現実だよなーと。

あと、自分はプライベートワークとして自分でサービスを
作ったりするのが好きだったので、会社で無駄に残業するよりは
自分がそちらに人生の貴重な時間を割きたいなと思ったんです。

自分は何故ノマドが合ったのか

  • 人と1日会話しなくてもストレスを感じない。
  • 仕事と遊びの境界がないので、一日中仕事をしていてもストレスがない。
  • 料理が好きなので、朝昼晩ご飯を自分で作れるのはアツい。身体にも家計にも良い。

が、大きな要因かなと思います。
「今日は外に出たくないな」という日は一日家で作業します。
そのほうが、お財布にも優しいですしね。
コーヒー一杯でも350~600円しますから、毎日カフェに行くと、
それなりの金額になってしまいます。

ノマドとはいえ、 基本的には家で作業。気分を変えたい時は外に行く
というスタンスが僕にとっては正解かなと思います。

そのためには、家の作業環境には妥協せず、自分が気持ちのいい空間を作ることが大事かと。
自分も自宅をオフィスにするにあたり、机や椅子などはちょっとお金をかけて新調しました。

ノマドになってよかったこと

ストレスがなくなった

満員電車に乗らなくていい、下らない社内政治に巻き込まれない、など
解放されたストレスを挙げたらキリがありません。
あーほんとに、幸せです。

痩せた

NOストレス生活 + 自炊をするようになったことで、食生活が改善されて、
デブだったんですが10キロやせました。
スマートな服を着れるのは本当に嬉しい!

面白いプロジェクトに巻き込まれやすくなった

会社員だと、平日は仕事をしているわけなので、
面白いプロジェクトなどに巻き込まれたとしても、実稼働は土日しかできません。
その点、フリーだと自分の裁量でどうにでもできるわけなので、
面白いプロジェクトにスタッフとして巻き込まれやすくなったなと思います。
「お金になるかはわからないけど、絶対おもしろくなるだろうな」というプロジェクトが好きなので、これは自分にとってはいいことです。

ノマドになって悪かったこと

体を動かさなくなる

一日中家にいてもいいわけですから、毎日会社に行かなければならなかった時期に比べると、
圧倒的に運動量が減ります。
自分は休憩と称して散歩したり、走ったり、意識的に体を動かすようにしています。

収入が不安定に

サラリーマンじゃないので当たり前ですが。

でも、「いい仕事をしてもしなくても、毎月給料がもらえる」生活より、
「頑張った分だけお金がもらえる」「自分がやっていてワクワクする仕事をする」生活の方が、
自分にとっては絶対に楽しいのだということも身を持って実感しました。
今後自分で新たに会社を作ることはあったとしても、
サラリーマンに戻ることはないと思います。

オススメの作業スペース

最後に、私がよく使ってるスペースを共有させていただきます。
いずれも電源が使えて長時間いてもOKな場所です。 「今日は気分を変えて、外で作業したいな」という日に
選択肢が限りなくある都内は、ノマド的な働き方をする人には非常にありがたいです。

都立中央図書館 @広尾駅

Brooklyn Parlor @新宿

  • 広い店内。雰囲気が非常に良い。
  • Wi-Fiも有り。

【新宿・カフェ】電源・Wi-Fiあり。本あり、緑あり。バルト9地下のオシャレカフェ「Brooklyn Parlor(ブルックリン・パーラー)」

代官山蔦屋書店

  • 気持ちのいい店内
  • 仕事に疲れたら本を読んでもOK

代官山 蔦屋書店

他にも、良いカフェや作業スペースを随時紹介していこうと思います。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin