木木木

Swift / Ruby on Railsなどの学習メモ。


nginx + gunicorn + Django やってみた


Macのローカルでnginx + gunicornを使ってDjangoを動かしてみた。
設定のメモ。

nginxの設定

nginx.conf ファイルを編集する。

vim /usr/local/etc/nginx/nginx.conf
# workerプロセスを実行するユーザー名
user  nginx;

# workerプロセス数
worker_processes  1;

# エラーログを書き出すファイルのパスを指定
error_log  logs/error.log;

# プロセスIDを書き出すファイルのパスを指定。stop 等でプロセスを特定するのに必要
pid        logs/nginx.pid;


events {
    # 1プロセスあたりが同時にリクエストをさばける数。
    # worker_processes x worker_connections = 最大接続数。
    # 今回なら 1 x 1024 = 1024が最大接続数。
    worker_connections  1024;
}


http {
    include       mime.types;
    default_type  application/octet-stream;
    
    # ログのフォーマットを指定して、それに main と命名。
    # フォーマットを指定したい場合はコメントアウトをはずす。
    #log_format  main  '$remote_addr - $remote_user [$time_local] "$request" '
    #                  '$status $body_bytes_sent "$http_referer" '
    #                  '"$http_user_agent" "$http_x_forwarded_for"';

    #access_log  logs/access.log  main;
    sendfile        on;
    #tcp_nopush     on;
    #keepalive_timeout  0;
    keepalive_timeout  65;
    #gzip  on;

    server {
        # 80番ポートをリッスン。
        listen       80;

        # サーバー名を指定
        server_name  localhost;

        #charset koi8-r;
        #access_log  logs/host.access.log  main;

        location / {
            # リクエストをhttp://127.0.0.1:8000 に受け流す。
            proxy_pass http://127.0.0.1:8000;
            proxy_set_header Host $host;
            proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
            proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;

            # 単純に静的サイトを公開したい場合はこちらの設定を使う
            #root   /Users/fumiki/www;
            #index  index.html index.htm;
        }

        # エラーページの設定
        #error_page  404              /404.html;

        # redirect server error pages to the static page /50x.html
        #
        error_page   500 502 503 504  /50x.html;
        location = /50x.html {
            root   html;
        }
    }
}

Djangoプロジェクト側の設定

settings.py内の、INSTALLED_APPSに'gunicorn' を追加しておく

gunicorn を走らせる

python manage.py run_gunicorn

これで http://127.0.0.1:8000 でdjangoアプリケーションが実行されている状態になる。
http://localhost にアクセスすると、Djangoアプリがみれるはず。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin