木木木

Swift / Ruby on Railsなどの学習メモ。


【iOS】フェードで切り替わるContainer ViewController メモ

iOS (or macOS) でアプリを作る際、ログイン中なら普通の画面、未ログインの場合はログイン画面を表示、という処理は頻発すると思います。

モーダルでログイン画面を出すという方法もありますが、色々面倒なのでApple公式で「Container View Controller」と呼ばれている手法で VC1 in VC2 という構造にして、VC1はずっと生きていて、その中の子であるVC2を切り替える、とするのが一般的だと思います。

iOS View Controllerプログラミングガイド: Container View Controller を実装する

Storyboardでは「ContainerView」というパーツがObject Libraryに用意されていますが (実体はUIViewのようです)
f:id:device_me:20180611113840p:plain

コードで実現する場合は気にすることがちょいちょいあって、忘れがちなので自分用のメモです。
switchToメソッドでViewControllerを切り替えます。
遷移時のエフェクトはシンプルなクロスフェードです。

class MainViewController: UIViewController {
    private var currentVC: UIViewController!

    func switchTo(_ newVC: UIViewController) {
        guard let oldVC = currentVC else {
            show(newVC)
            return
        }

        newVC.view.alpha = 0.0
        addChildViewController(newVC)
        oldVC.willMove(toParentViewController: nil)

        transition(from: oldVC, to: newVC, duration: 0.5, options: UIViewAnimationOptions.transitionCrossDissolve, animations: {
            oldVC.view.alpha = 0.0
            newVC.view.alpha = 1.0
        }, completion: { [weak self] _ in
            self?.currentVC = newVC
        })
    }

    private func show(_ vc: UIViewController) {
        currentVC = vc
        addChildViewController(vc)
        view.addSubview(vc.view)
        vc.didMove(toParentViewController: self)
    }
}

参考

www.slideshare.net

App Kitで自動フルスクリーン

NSWindowのtoggleFullScreenメソッドを使う。

import Cocoa

class ViewController: NSViewController {

    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
    }

    override func viewDidAppear() {
        super.viewDidAppear()

        view.window?.collectionBehavior = NSWindow.CollectionBehavior.fullScreenPrimary
        view.window?.toggleFullScreen(nil)
    }

    override var representedObject: Any? {
        didSet {
        // Update the view, if already loaded.
        }
    }
}

App Kit でバッテリーの状態を取得

WWDC 2018でiOS アプリをMacに移行できるようにする方針が発表されました。
Apple は AppKitをUIKitっぽく作り直して発表するはず、という噂はかなり前から囁かれていましたが、
UIKitがMacOSでも動くようにしてる、という理解が正しそうです。
f:id:device_me:20180605120844p:plain おそらく、UIKitだけでMacアプリが作れるというよりは、AppKitも使用しながら、UIKitで書かれた部分もまるっと持ってこれるようになる感じ?

jp.techcrunch.com

ですのでMacアプリを作りたいならどのみちApp Kitの勉強も必要。

自分はバッテリー状況や加速度センサーの値に応じていろいろ起こるアプリを作りたいと思ってます。
バッテリーはIOKitを使えばできそう。
IOPowerSources.h | Apple Developer Documentation

しかし、加速度センサーの値はmacOSアプリだと取得できなさそう?
ぬーん。

reduxのreselectについて調べた

reselectは主にreduxで利用される、計算結果のメモ化を担うライブラリ。
とはいえreduxに依存しているわけではないので、単体でも使える。

github.com

使い方はざっくりこんな感じ。
createSelector 関数で、メモ化selectorをつくる。

input-selectors の値が変わるような Redux ステートツリーの 変更があると、transform function が呼ばれる。 (transform functionの引数はinput-selectorの実行結果)

input-selectorsの値が前回呼ばれた時と一緒なら、 transoform function を実行せずに、前回計算された値を返す。

f:id:device_me:20180601112959p:plain

iOS マルチディスプレイ Swift 4

iOSでマルチディスプレイする際のコードをswiftで書き直してみたメモ。

 // 複数 window 対応

    private func checkForExistingScreenAndInitializeIfPresent() {
        if UIScreen.screens.count > 1 {
            // 外付けディスプレイを表す画面オブジェクトを取得する。
            let secondScreen = UIScreen.screens[1]
            print("secondScreen.preferredMode : ", secondScreen.preferredMode)

            // 画面の大きさを取得して、正しい大きさのウインドウを生成できるようにする。
            let screenBounds = secondScreen.bounds
            let screenBounds = CGRect(x: 0, y: 0, width: 2400, height: 1500)

            secondWindow = UIWindow(frame: screenBounds)
            secondWindow?.screen = secondScreen

            // 当初の表示内容を設定する
            if let vc = R.storyboard.settings().instantiateInitialViewController() {
                secondWindow?.rootViewController = vc
            }

            secondWindow?.isHidden = false
        }
    }

    private func setUpScreenConnectionNotificationHandlers() {
        NotificationCenter.default.addObserver(self, selector: #selector(handleScreenDidConnectNotification(notification:)), name: NSNotification.Name.UIScreenDidDisconnect, object: nil)

        NotificationCenter.default.addObserver(self, selector: #selector(handleScreenDidDisconnectNotification(notification:)), name: NSNotification.Name.UIScreenDidDisconnect, object: nil)
    }

    @objc private func handleScreenDidConnectNotification(notification: Notification) {
        guard let newScreen: UIScreen = notification.object as? UIScreen else {
            print("setUpScreenConnectionNotificationHandlers 失敗")
            return
        }
        let screenBounds = newScreen.bounds
        if secondWindow == nil {
            secondWindow = UIWindow(frame: screenBounds)
            secondWindow?.screen = newScreen
            // ウインドウの初期UIを設定する。
        }
    }

    @objc private func handleScreenDidDisconnectNotification(notification: Notification) {
        if self.secondWindow != nil {
            // ウインドウを非表示にしてから削除する。
            self.secondWindow.hidden = true
            self.secondWindow = nil;
        }
    }

Unable to resolve module 'events' from /node_modules: Module does not exist in Haste module map

FeedMe とか xml2js とかをtypescript + React Native で使おうとしたら出たエラー。

解決方法は以下のライブラリを追加することだそうです。

npm install events buffer stream timers --save

github.com

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin